酢の物とうなぎで夏場を乗り切ろう

食事から得る健康

毎日元気に暮らしたいと思うと、その時に大切なのはなんといっても食事です。食事は、一日3回食べることになるのでその積み重ねが元気の素をつくることができるのです。ところがその反対に、食事により不健康になることもあります。食事で摂るものにより、病気になることもあるのです。もしも自分の食生活が心配という人は、今すぐにでも食事を見直すようにしましょう。しかし見直す時に、どうしてもこれだけは食べたい、やめることができないと思う食材がありますね。その時、やめる必要はないのです。その食べ方を変えることにより美味しく食べることができます。

酢の物とうなぎで夏を乗り切る

そんな食材の一つとして、うなぎがあります。うなぎは、油っぽいと思う時がありますね、その油っぽいと思っても元気になることが出来るので、つい食べてしまうことも。甘辛の蒲焼はおいしくて食べ過ぎてしまうことが多いです。しかし油っぽいっ食材を食べ過ぎてしまうことは、その後に胃もたれが起きる事があります。胃もたれは、胃が危険信号を出している状態なのでできるだけならないようにしましょう。

そんな時、うなぎをその味を生かしつつ、美味しく食べる方法があります。それはお酢を使うことなのです。お酢は、油っぽいうなぎなどの海鮮ものを通販の三杯酢でさっぱりと食べることができます。魚やわかめなどにも三杯酢とは相性が良いです。この三杯酢を使うことで調理も飛躍的に簡単になるので非常におすすめできるものです。夏場は海鮮系のものが豊富なので、それを三杯酢で酢の物にしたり、マリネにしたりするのもいいですね。うなぎは定番の蒲焼がありますが、たまには違う食べ方をしてみるのも一つの楽しみではないでしょうか。

その時、うなぎとお酢の和物として一番いいのはきゅうりとの相性です。きゅうりの食感で、とてもバランスのよい組み合わせの食材とすることが言えるのです。うなぎは、ざく切りにしてきゅうりとお酢と一緒にします。お酢は、少量でもいいし合わせ酢にしてもいいです。さっぱりと食べたいと思う時には、お酢だけでもかまいません。もう少しマイルドな風味にしたいと思う時には合わせ酢にしましょう。油っこくないうなぎとお酢ときゅうりの組み合わせで、最高のスタミナ食とすることができます。