お酢の健康効果と酢の物レシピ

スーパーに行けば必ず料理が簡単になる万能調味料があり、豊富な種類が通販でも購入できるお酢は米や果実などの食材をアルコール発酵させてさらに酢酸発酵させた液体です。糖質を含む食材であれば作ることができ、穀物酢、米酢、りんご酢など味や香りがそれぞれ違います。お酢には酢酸やクエン酸やアミノ酸などが豊富に含まれていて、健康や美容にさまざまな効果が期待できます。

1.食欲増進

夏バテで食欲が出ない時などお酢を摂取することで味覚や嗅覚を刺激し食欲中枢に働きかけて食欲を引き出してくれる効果があります。また、胃液の分泌を促進し、消化酵素の働きを活発にします。どんなお酢でも食欲増進効果は期待ができるので、酸味が苦手な方はもずく酢を合わせ酢で簡単にレシピサイトをご参考ください。

2.疲労回復

最近体がだるく疲れがとれないというような時はお酢に含まれるクエン酸が疲労物質である乳酸を効果的に燃焼してくれる効果があります。

3.便秘改善

腸に届いたお酢が腸内で炭酸ガスを発生させます。炭酸ガスが腸内を刺激して活発に活動し、便を排出しようと新陳代謝が促進されます。またお酢の殺菌効果が腸の働きを鈍くする悪玉菌を抑えて、消化機能を活発化します。

4.ダイエット効果

お酢には血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるため、脂肪の蓄積を阻害してくれます。血糖値の急上昇はインスリン分泌を招き、体脂肪蓄積につながるからです。

料理で簡単に毎日お酢を摂取

お酢を摂取するためにはほかの調味料と合わせて合わせ酢にして使うと料理の幅が広がり手軽に摂取できます。簡単なお酢の料理といえば酢の物です。
まず、酢の物に合う三倍酢(酢:しょうゆ:みりん=1:1:1)を作ります。甘みを強くするなどお好みに合わせて作ってみてください。酢の物に合う食材といえば、きゅうり・ワカメ・大根・もやし・人参・きのこ類・カニカマ・タコなどバリエーションはさまざまです。野菜は水気が出てしまうと水っぽくなったり味が薄くなってしまうので事前の下準備が必要です。まず、野菜を切ってボウルに入れ全体に軽く塩を振ります。まんべんなく塩がいきわたるように混ぜます。5分程置いたら野菜から出ている水気を切るためしっかり絞ります。野菜とお好みの食材を合わせ酢に合わせて出来上がりです。彩りを考えてハムやコーンなどを入れてもいいですね。お酢を使った料理というと面倒かもしれませんが、酢の物は合わせ酢を作れば簡単に出来るのでおすすめなメニューです。