我家の独特の調味料・行者ニンニク醤油 

我家の調味料の一品をご紹介いたしましょう。
実は我家の実家は北海道帯広の近くの大樹町というところですが、季節ともなれば特産の貴重な「行者ニンニク」が送られてくるのです。 そしてこの行者ニンニクを2センチ前後に切って其れをベースに作るのが、「行者ニンニクの醤油漬け」というものです。 勿論、行者ニンニク醤油漬けそのものも美味しく食べられますが、醤油そのものもニンニクエキスが染み出してきて、独特の味が出てきます。

醤油漬けの行者ニンニクの食べ方としては、筆者自身が美味しく食べる方法としては、炊きたての温かいゴハンの上にのせて一諸に食べますし、此れは何より食欲が出ます。 また、内の旦那さんはお酒やビールのおツマミとして単独で食べるのがスキなようです。

ニンニクの味が染み込んだお醤油は、単品のままでも充分ですが、我家では味醂と少々のお酒やお砂糖を加えて調味料として作りますが、風味が出ていいものですよ。 勿論、此の合わせ醤油調味料は普通の醤油の代用として利用していますし、例えば、うどんや醤油ラーメンに適度に加えたり、お漬物やその他のつけ汁や色々な調味料としてりようしています。