甘味を加えるならハチミツで

煮物などの甘辛料理の味の調節に

私が作る甘辛料理といえば、レンコンなどの根菜の煮物や野菜の肉巻など小麦粉をまぶして焼いたものに甘辛のタレを絡めたものです。具材に小麦粉を振ってあるので、煮詰めると丁度いい具合にとろみがついてきます。
この時の味の決め手になるのが、タレですよね。お醤油に砂糖を混ぜたり、めんつゆを使うこともあると思います。私としてはあまり砂糖を使いたくないので、タレを自作する時は自家製のにんにく醤油にハチミツを加えて作ります。これに料理酒を加えて味を調整します。煮物を簡単にする調味料を通販で購入するのでもいいと思います。以前はラカントを使っていたこともあるのですが、ハチミツだと甘さに加えて深みというのかコクが生まれることが分かりました。ハチミツであればミネラルなどの栄養も豊富ですしね。
自作の調味液の場合、味が決まらないということが多々あると思います。こうなった時に必ず加えるのがお酢です。味がハッキリして、サッパリといただけると思います。このように少しずつ改良していって、最近では甘辛料理で失敗することは無くなり、家族にも好評です。